特定施設入居者生活介護事業者の皆様へ

tokutekyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

介護保険事業運営懇談会の報告

平成20年7月2日(水)平成20年度に入って1回目の介護保険事業運営懇談会が開かれました。

介護保険事業運営懇談会(第3回)議事次第

介護保険事業運営懇談会(第3回)議事次第には、次のような内容が報告されています。
平成18年度介護保険事業状況報告(年報)の概要
平成19年度介護事業経営概況調査結果について
平成19年度介護給付適正化推進運動実施状況調査結果
[PR]
by tokuteikyo | 2008-07-30 14:48 | ながたニュース(行政の動き)

男女のLOVEのツボ

 最近気づいたことがある。女性は時代劇にも「LOVE」を求めているということだ。
NHKの大河ドラマ「篤姫」がなかなか好調らしい。実は我が家でも、楽しく見させてもらっている。私の妻は、「もうすぐ家定(堺雅人)とお別れなんて・・・。悲しすぎる。」なんて言いながら胸を痛めている。
e0139263_1752065.gif
ちょっと前までは、「尚五郎(瑛太)って、素敵だよね。2人が結ばれないなんて可哀想。」って言ってたのに。私と妻とでは感じるところのツボが少しちがうようだ。でも、このツボのちがいは、私と妻だけの話ではなく、世の中の男女全般に言えることかもしれない。
私の妻は韓流ブームにもハマった(いまだにハマっている)。韓流ドラマを見ていても思う。最近の日本のドラマにはない、単刀直入さ、家族の結びつきの強さ、演技力などがあり
魅力的だ。でも、妻が感じている魅力とは少しちがうような気がする。
e0139263_17531088.gif

妻が最も好むのは、普通っぽい女性がタイプのちがう2人の超素敵な男性から言い寄られるといった類のLOVEストーリーだ。(韓流ドラマにありがち。三角関係は基本です。)
女性には、いくつになっても、主人公と自分を置き換えられる豊かな想像力がある。
そんな気がする。(妻の年齢?それはノーコメントです。)
「篤姫」の話に戻ろう。かく言う私自身が、「篤姫」のどの場面に一番感情移入できたか。
篤姫(宮崎あおい)が、島津本家に養女として行ってしまうときの実父(長塚京三)の切なさ・・・。
やっぱり、そこかな。
私がオッサンくさいだけなのかな・・・。

               [F.T]


特定施設事業者連絡協議会メールマガジン
特定協通信より

[PR]
by tokuteikyo | 2008-07-20 17:31 | メルマガの「コラム」紹介